2014年12月23日

補助する道具

◇爪楊枝
接着剤をのりしろに塗るときなどに使います。

私がメインに使っているのは「コーキングヘラ」という道具で、外壁塗装等に使う小型のヘラです。
金属製なので接着剤を拭き取りやすく、厚さが薄いので細いスキマでも接着剤を塗布しやすいのです。

5149enS23vL._SL1500_.jpg
amazonで「TEC らくらくコーキングヘラ」と検索すると購入可能です。各種サイズがあります。


◇ピンセット
指先が届かないような場所の組み立てに使います。糊付けした部分をはさんでおくことで細かな部品の接着も楽にできます。
まっすぐ伸びたストレートタイプや、先端が曲がったツル首タイプ、先端が平らな切手用、などがあります。
ツル首タイプがけっこう使いやすいように思います。

私のお勧めはタミヤのピンセット「クラフツツール No.80 クラフトピンセット」です。

しっかりとした肉厚なので、接着位置が乾燥するまで押さえておくのに最適です。
また、細かなパーツの折り曲げ作業にも使いやすいように思います。

61cB7JkD9qS._SL1500_.jpg



◇カッティングマット
カッター専用の下敷きで、机の上と刃先を保護します。
はがきサイズから、A2サイズの卓上版まで各種サイズがあります。
カッティングマット


◇定規類
長い直線の切断や、折り曲げのサポート等に使います。金属製のものがオススメですが、アクリル製でも金属のサポートパーツが付いているものもあります。
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107848229
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック