2019年06月29日

紙には「目」があるんです

紙(洋紙)には繊維の流れの向きがあり、「紙目」(かみめ)と呼ばれています。
紙の長辺に沿って平行方向に繊維が流れている紙を縦目(T目・タテ目)の紙、紙の短辺に沿って平行方向に繊維が流れている紙を横目(Y目・ヨコ目)の紙と言います。
この流れの方向によって、ペーパークラフト製作時に大きく影響する場合があります。

紙目について.jpg



これは紙を製造する段階で溶かしたパルプ(紙の原料)を機械で平らに流し、それを固めて紙にする為、パルプが流れる方向に沿って紙目が出来てしまうのです。

筒状のパーツを作る時など紙を曲げるときに紙目の影響が出やすいです。紙目に沿って曲げるとキレイに曲がりますが、紙目に逆らって曲げようとすると曲がりにくいのです。

筒の紙目.jpg

また紙を折る時も紙目の影響が出やすいです。紙目の流れに沿って折るとキレイに折れやすく、流れに逆らうと折れにくくなります。これを避けるためにも、展開図の折り線は鉄筆や空のボールペンなどを使って、予めなぞっておく事が重要です。
紙目を折る.jpg

紙目の調べ方は、流れ目が縦目の場合は、寸法を210×297mmの様に小さい方の数字を先に表記します。
また紙は紙目の方向に沿って破れやすいので、紙の端を少し破いてみると調べることができます。

紙目の確認方法.jpg
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 08:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
破かないで誰でも確実に確認することは出来ないのでしょうか?
Posted by 通りがかりの人 at 2019年06月29日 17:00
コメントありがとうございます。
紙目に沿って曲がりやすい、という特性を利用して、紙の端を持って軽く曲げてみることで、抵抗が少ない方向がわかるかと思います。
曲がりやすい方向に紙目が通っているということですね。
本文では書きませんでしたが、湿度がかかると紙目に沿ってカールしていくという特性もあります。
ご参考になれば幸いです。

>通りがかりの人さん
>
>破かないで誰でも確実に確認することは出来ないのでしょうか?
Posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 2019年06月29日 17:13
曲げるのは試してみましたが、どの向きも同じに感じてしまいます…
破ったら使えなくなるし…

わたしには区別出来ない感じでした…

難しいですね…
Posted by 通りがかりの人 at 2019年06月30日 10:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186205652
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック