2019年07月02日

完成作品の長期保存について

ペーパークラフトは素材が紙ですので、湿度による伸縮や、光による色褪せなど、環境による影響を受けやすいのです。
完成品を箱に仕舞って保管するのでしたら比較的に劣化は少ないのですが、生活環境下で5年、10年と長期の展示をする場合は、下記の要件についての検討をおすすめいたします。


●展開図のプリント時に顔料インクを使用するプリンターを使う。
プリンターインクには顔料と染料があります。顔料インクは光による退色が少なく、染料は光の影響を受けやすいという特性があります。顔料インクは染料インクより多少割高なのですが、作品の長期保存に向います。
詳しくは「印刷する道具」ページをご参照ください。
また、カラーレーザープリンタでプリントした展開図も長期保存に向いています。レーザープリンタはインクジェットプリンタより大型で高重量なので家庭向きではありませんが、光による退色は顔料インクよりも少ないのです。


●ペーパークラフト用の透明ニスをスプレーする。
ペーパークラフト用の透明ニスをスプレーすることで、湿度の影響を軽減することができます。スプレー後は硬化するので、構造の強化にも繋がります。
透明ニス.jpg
ただし、ニスの硬化後はツヤのある表面になってしまいますので、マット仕上げの模型には不向きです。
また、レーザープリンタで出力した用紙は、トナーが溶け落ちてしまう可能性がありますのでご注意ください。


●ディスプレイケースに入れる。
アクリルケース等に入れて保管することで、不意な破損や埃などから保護する事ができます。
普段はケースの上に布などを被せておけば、光からの保護もできます。
ディスプレイケースはアマゾンなどで購入できます。
41fwR5jBS6L.jpg
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186221766
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック