2019年07月23日

リタッチについて

ペーパークラフトのパーツを切り出したあとに、白く目立つ紙の断面を印刷色と同じ色に塗って目立たなくすることを「リタッチ」といいます。

リタッチを行うとパーツの境界が分かりにくくなるために、「紙模型工房」のサンプル写真ではリタッチを行っていませんが、より精密感のある模型表現が可能となりますので、チャレンジしてみるのもオススメです。
ちなみに私の場合は、紙の断面が見えたほうがペーパークラフト感があるので、そのまま作る方が好みです。

リタッチの方法は、マーカーや絵の具を使って断面を塗るのが一般的です。
ペーパークラフト専用紙など、印刷面にプリント用のコーティングがされている用紙の場合、断面に塗った色が印刷面より濃い目になってしまう場合があります。印刷面の色より、少し薄めの色から塗ってみるのが良いでしょう。
また用紙によっては水分の浸透が早い(深い)ものもあり、印刷面の色に影響を与えてしまうものもあります。その場合は普通の絵の具より乾燥の早いアクリル絵の具の使用をオススメいたします。

マーカーを使用する場合は、油性ペンは紙への浸透が早いので、水性のペンが良いでしょう。
顔料系は扱いが難しいので、染料系のペンをオススメします。

リタッチはとても手間のかかる作業です。
簡単に済ませたいのであれば、色の薄い部分はリタッチせず、色の濃い部分にだけ薄墨の筆ペンを使うという方法があります。これだけでも断面はかなり目立たなくなり効果的です。

最後に注意点として、組み立てた後にリタッチしようとすると、固まった接着剤の影響でうまく塗れない場合があります。また組み立て後では断面だけを塗りにくい事もありますので、リタッチは組立前に行うのが無難です。
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 15:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 一般の方向け

2019年07月19日

パーツの切り取りについて

展開図のパーツは、組み立てる直前に一つずつ切り取って、接着していくようにしましょう。
予め全部のパーツを切り取ってしまい、まとめておく方もいますが、細かなパーツを紛失したり、似たような形のパーツと混同してしまい、間違ったパーツを接着してしまう場合が多いのです。

組み立て説明書をよく読んで、指示された順番に従ってパーツを一つずつ切り取り、組み立てていきましょう。
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

2019年07月02日

完成作品の長期保存について

ペーパークラフトは素材が紙ですので、湿度による伸縮や、光による色褪せなど、環境による影響を受けやすいのです。
完成品を箱に仕舞って保管するのでしたら比較的に劣化は少ないのですが、生活環境下で5年、10年と長期の展示をする場合は、下記の要件についての検討をおすすめいたします。


●展開図のプリント時に顔料インクを使用するプリンターを使う。
プリンターインクには顔料と染料があります。顔料インクは光による退色が少なく、染料は光の影響を受けやすいという特性があります。顔料インクは染料インクより多少割高なのですが、作品の長期保存に向います。
詳しくは「印刷する道具」ページをご参照ください。
また、カラーレーザープリンタでプリントした展開図も長期保存に向いています。レーザープリンタはインクジェットプリンタより大型で高重量なので家庭向きではありませんが、光による退色は顔料インクよりも少ないのです。


●ペーパークラフト用の透明ニスをスプレーする。
ペーパークラフト用の透明ニスをスプレーすることで、湿度の影響を軽減することができます。スプレー後は硬化するので、構造の強化にも繋がります。
透明ニス.jpg
ただし、ニスの硬化後はツヤのある表面になってしまいますので、マット仕上げの模型には不向きです。
また、レーザープリンタで出力した用紙は、トナーが溶け落ちてしまう可能性がありますのでご注意ください。


●ディスプレイケースに入れる。
アクリルケース等に入れて保管することで、不意な破損や埃などから保護する事ができます。
普段はケースの上に布などを被せておけば、光からの保護もできます。
ディスプレイケースはアマゾンなどで購入できます。
41fwR5jBS6L.jpg
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

2019年06月27日

ボンド汚れの対処方法

接着時にボンドが指に付いてしまって、変な跡ができてしまった場合の対処法です。 このような水性ボンド系の汚れは、綿棒の先に少量の「ラッカー薄め液」を付けて、軽く叩くとかなり目立たなくなります。

接着剤汚れ対処法.jpg
ゴシゴシやると紙を傷めるのでご注意ください。 ぱっと見では分からなくなるかと思います。

※全ての接着剤に有効とは限りません。

※展開図は家庭用インクジェットプリンタから出力した場合に限ります。レーザープリンタで出力した展開図では実行しないでください。
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

2019年06月23日

スマホからプリント

ペーパークラフトの展開図はスマホからでもプリントできます。
ご自宅にプリンタがあり、パソコンを使用しないでスマホから直接印刷したい方は下記の方法をお試しください。

各メーカーのプリンター用のスマホアプリ(無料)をダウンロードすると、スマホから直接プリンタにファイル転送、印刷できる機種が多くあります。
※旧機種では対応していない場合があります。

具体的なやり方は、お持ちのプリンターのメーカーサイトを下記からご確認ください。(2019/06現在)




●HP(Android)、(iphone
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

2014年12月28日

無料ペーパークラフトについて

日本国内では児童書のおまけ程度と思われがちなペーパークラフトですが、諸外国ではスケールモデルを中心とした製品が数多く販売されており、大人が楽しむ趣味として認識されその地位も確立されています。 その完成度は非常に高く、数ヶ月〜数年をかけて制作しプラモデルを凌駕する程の作品に仕上げるのです。
そのような精密ペーパークラフトは、カードモデルとも呼ばれます。

カードモデルはプラモデルとは完成時の印象が大きく異なり、リビングやエントランスに堂々と展示ができ、それを見た人が紙製だと知った時の驚きも楽しみのひとつです。 もちろんその分組み立て時の難易度も非常に高く、「のりしろ」が無いのは当たり前、切断面同士の接着や、針金などの加工や塗装、別途に厚紙を用意、番号指定と矢印のみの組立説明書など、未経験の初心者が始めるにはあまりに敷居が高いのも現実です。 

しかし、こんなに楽しい趣味を諦めてしまうのは非常にもったいないと思います。 そこで紙模型工房では、ペーパークラフトの初心者の方でも、完成度が高く満足できるレベルの作品を、「必ず完成させることができる」を目標に様々な無料ペーパークラフトをご用意いたしました。
初心者の方向けに制作の難易度をグ〜ッと下げつつ、なるべく精密感を損なわないモデルとして設計しております。
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 04:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 一般の方向け

2014年12月23日

補助する道具

◇爪楊枝
接着剤をのりしろに塗るときなどに使います。

私がメインに使っているのは「コーキングヘラ」という道具で、外壁塗装等に使う小型のヘラです。
金属製なので接着剤を拭き取りやすく、厚さが薄いので細いスキマでも接着剤を塗布しやすいのです。

5149enS23vL._SL1500_.jpg
amazonで「TEC らくらくコーキングヘラ」と検索すると購入可能です。各種サイズがあります。


◇ピンセット
指先が届かないような場所の組み立てに使います。糊付けした部分をはさんでおくことで細かな部品の接着も楽にできます。
まっすぐ伸びたストレートタイプや、先端が曲がったツル首タイプ、先端が平らな切手用、などがあります。
ツル首タイプがけっこう使いやすいように思います。

私のお勧めはタミヤのピンセット「クラフツツール No.80 クラフトピンセット」です。

しっかりとした肉厚なので、接着位置が乾燥するまで押さえておくのに最適です。
また、細かなパーツの折り曲げ作業にも使いやすいように思います。

61cB7JkD9qS._SL1500_.jpg



◇カッティングマット
カッター専用の下敷きで、机の上と刃先を保護します。
はがきサイズから、A2サイズの卓上版まで各種サイズがあります。
カッティングマット


◇定規類
長い直線の切断や、折り曲げのサポート等に使います。金属製のものがオススメですが、アクリル製でも金属のサポートパーツが付いているものもあります。
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

用紙について

コピー用紙などではなく、必ずペーパークラフト専用の厚紙を使いましょう。A4サイズで紙厚0.2〜0.25mm程度(160〜180g/m2程度)のものをご用意ください。

ペーパークラフト専用紙は、大手の家電量販店などで購入できます。

amazonでも「ペーパークラフト専用紙」と検索すると購入可能です。

詳しくはサイト本文内でも解説していますので、こちらからどうぞ。

用紙はなるべくお使いのプリンターのメーカーと合わせるほうが、印刷結果の発色が良いかと思います。

また、レーザープリンタをご使用の場合、インクジェット用の用紙で印刷すると、用紙表面のコーティングがはがれ、ドラムに焼きつく可能性がありますのでご注意ください。
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

印刷色について

ダウンロードしたペーパークラフトのデータを家庭用のインクジェットプリンタでプリントした時に、画面に近い色で印刷されず、なんだか青っぽかったり、緑っぽかったりすることがあります。
カラープリンタによる印刷は「印刷モード」や、用紙の種類によって色合いが大きく異なります。インクジェットプリンターの場合は特にその傾向が強いのです。 各社のプリンターインクの特性や、用紙メーカーの特性の組み合わせにより結果が異なるため、実際にテスト印刷をしながら最適な設定を手探りで探すしかありません。

印刷設定の方法はメーカーや機種によって異なりますし、用紙が異なれば必ず同等の結果になるとは限りません。 テスト印刷をして決定されることをお勧めします。 

また、詰め替え用インクなどをご使用の場合、かけ離れた印刷色や、退色なども起こりやすくなる場合があります。なるべく機種指定の専用インクを使いましょう。
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

貼る道具

◇接着剤
紙の原料が木ですので、木工用ボンドが接着効果は抜群です。
速乾タイプがオススメです(白い容器です)。
しかしデメリットもあります。
ペーパークラフトをインクジェットプリンタで印刷した場合、家庭用のものはほとんど水性インクで印刷されますので、印刷面がボンドの水分で滲みやすくなってしまう場合があるのです。
また、ボンドが乾燥した後で、接着面が硬化します。 これは、メリットとなる場合もありますが、ボンドの特性として覚えておくとよいかと思います。
ボンドは乾燥するまで少々の時間がありますので、その間に接着位置の微調整を行うことができます。 逆に言うとボンドの水分が乾燥してしまう前に、位置あわせを行う必要があります。
タミヤクラフトボンドや、コニシ(株)の「ボンドGクリヤー」なども良い接着剤です。

☆ 現時点で最もオススメなのが、木工用ボンドで有名なコニシさんから発売されている「紙用のり」です。


コニシ 紙用ボンド

◇両面テープ
強力に接着でき、広範囲の接着に向いています。
しかし、瞬時に接着できるがゆえに、貼りあわせ時に失敗ができない一発勝負的な要素があります。
幅5mm〜10mm程度の一般用のもので大丈夫です。


◆オススメできない接着剤
・事務用のスティックのりは、乾燥すると接着箇所が剥がれやすいのでペーパークラフトには不向きです。
・「ヤマトのり」も水分が多すぎるので展開図の紙が膨張し、ふやけてしまうので完成時に歪になってしまう可能性があります。
・テープのりも便利なのですが、意外と接着力の維持時間が短く、完成後に部品が取れやすいようです。

posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

折る道具

用紙を折る前に折り目を入れておくとキレイに折れます。(下記項目のいずれかを使用)

◇刃先を潰したカッター
カッターナイフの刃先を少しだけ出し立てた状態で、刃の先端を目の粗い紙やすりで潰します。 30秒くらいガリガリと削ると、刃先が削られて丸くなっていると思います。 指先で軽くなぞっても切れる気配が無くなったらOKです。
「すじ切り」をしたような状態になるので、鋭角的に折ることが出来るようになります。 先の細いペーパーナイフでも良いです。
すじ切り

◇鉄筆
端が鉄の針状になった筆記具。主に謄写印刷で用いるものです。
鉄筆

◇インクの切れたボールペン
先端のボールが動かなくなってしまったものは紙を痛めるので避けてください。

◇トレーサー
手芸用の鉄筆で、インクの出ないボールペンのようなものです。
トレーサー
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

切る道具

ペーパークラフトは用紙を切る作業から始まります。切り線の上を丁寧に切ることが基本です。

◇デザインナイフ
折る刃式カッターではなく、デザインナイフがオススメです。刃先をこまめに交換して、常によく切れる状態で使いましょう。
デザインナイフ

 
◇ハサミ
刃の小さいクラフト用があると便利です。

クラフトハサミ
 
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け

2014年12月22日

オススメの接着剤

コニシ 紙用ボンド
ペーパークラフトの組み立てに最適な接着剤です。
余分な水分が少ないので乾燥が早く、紙への食いつきがとても良いです。
指には付きにくいので紙面を汚しにくく扱いやすいと思います。

メーカーは木工用ボンドで有名なコニシさんです。

■amazonリンク
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般の方向け