各種ジャンル

ペーパークラフトは、いくつかのジャンルに分けられます。

本来、「ペーパークラフト」とは紙で作られる造形全般を指します。
一枚の紙からさまざまな大きさ、色、形の部品を切り出して組み立てるものと定義されます。


● ペーパーモデル・・・プランモデルに迫るような、非常に精密な造形を再現したものです。カードモデルとも言います。自社製品やキャラクターのPR等にも利用でき、WEBサイトからのダウンロード用としても人気です。

● ポップアップカード・・・飛び出す絵本のように、折り畳まれたカードを開いたときに立体が立ち上がるものです。DMや名刺等に応用できます。

● ダンボールクラフト・・・ダンボールを素材として造形を作ります。素材の厚みや質感等を利用する場合があります。量産するにはレーザーカットする場合が多く、少々コストが高い傾向があります。

● 折り紙・・・広義ではペーパークラフトの一種です。主に一枚の紙を折って折り上げられた作品で、量産には不向きです。

● ペーパーノベルティ・・・主に紙を使って広告用の立体物を作ったものです。サンバイザーや立体カレンダー、小物入れ、スマホスタンド等を、比較的安価に立体化できます。

● ペーパーホビー・・・飛ばせる飛行機、紙相撲、立体パズル等、手にとって遊ぶことの出来るペーパークラフトです。DMや名刺等に応用できます。
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 06:19 | 企業のご担当者様向け

ノベルティとして活用するメリット

◆印刷して配布する場合(他素材と比較)

○低コストで立体物を提供できる

○制作単価が安い

○短期間に制作できる

○破棄が容易

○安全性が高い

○在庫の保管場所が容易で省スペース

○持ち帰りやすいので配布しやすい

○エコなイメージがある


◆WEBダウンロードで公開する場合

○印刷コストがかからない

○在庫管理が必要ない

○コストがほぼ設計費用だけでよい

○設計完成後すぐに公開できる

○何度でも、何個でも組み立てられる

○ダウンロード数が把握しやすく、ネットでの評判も分かりやすい
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 06:26 | 企業のご担当者様向け

POPUPカード

飛び出す絵本の原理で作られるPOPUPカードも、ペーパークラフトの一種です。

下図に基本動作の一部をまとめてみました。もちろん、動作のパターンはもっと多くて複雑に組み合わせることもできますが、代表的な例だと思います。
そして、パーツ同士の接続に両面テープなどを使わずに、紙の構造だけで行う技も色々あります。そうすると制作単価がずいぶんと下がるのです。これをマスターしておくと、ペーパークラフト作家としては色々と便利です。

popup.jpg
posted by 紙模型工房:久嶋(くしま) at 04:45 | 企業のご担当者様向け